1/7
スペシャルメニュー

翠玉白菜

シェフ厳選、台湾中部で採れた「娃娃菜」の中心部分だけを用いています。国宝の美しさを再現するために、長さが約8-10cmで、葉の緑と白い部分の対比が美しいものを丹念に選びました。選ばれた白菜は、ハムとチキンのスープで煮た後、オリジナルのXO醬をかけて温かいお料理に、そして、甘辛いゴマだれをかけて前菜とすることもできます。また、桜えびをキリギリスとイナゴに見立てており、見て楽しく、食べておいしい一品です。

Please reload

弦紋鼎仏跳牆

故宮晶華オリジナルの器には、元の作品の青銅器に替えて、肌理(きめ)の細やかな陶磁を用いました。この復古調の器で、有名な福建風のスープ--仏跳牆を調理いたします。「仏跳牆」とは、清朝の同光年間に、福州の名料理人鄭春発により考え出されれた鶏、鴨、豚肉等の材料を容器に入れて作る具沢山のスープで、元の名を「罈焼八宝」と言いました。その後「福寿全」となり、俗に「そのいい香りがあたり一面に漂い、仏(和尚)までもがその香りにつられて牆(塀)を乗り越えて食べに来る」と言われたことから、最後に「仏跳牆」という名前になったと言われています。

Please reload

肉形石

上等の豚腿肉を用い、しょうゆ、砂糖、ねぎ等で調味された独特の煮汁で約2時間じっくりと煮込みます。冷ましてから、さらに包丁で形を整え、国宝の「肉形石」により近づけます。口当たりがまろやかで、照りがよく、ほどよい脂身ながらその上品な味付けで脂っこさを感じさせません。味のよく染みた肉と添えられた千切りのへちまの鮮やかな緑が食欲をそそります。濃い味の後に口にするへちまの食感も爽やかです。

Please reload

元朝雲林鵝

「元朝雲林鵝」は蘇錫地区の伝統的な料理で、六百年以上の歴史を誇ります。蘇州菩提正宗寺の天如禅師が倪瓚をもてなした折に、料理人に命じてガチョウの蒸し料理を作らせたと言われています。ガチョウを、はちみつ、塩、ねぎ等の調味料を加えて、酒とトリのスープで蒸したお料理で、色が鮮やかで美しく、香り豊かで、ガチョウは骨までとろけるほど柔らかく、鶏の旨みも加わって格別のおいしさだったと言われています。杭州の詩人で美食家でもあった袁枚が倪瓚の言う蒸鵝を食した後、そのあまりの美味に感動し、自分の著書である《隨園食單》中に、収録して、正式に「雲林鵝」という優雅な名前をつけたと言われています。

Please reload

香苗藏鳳袖

この料理は簡単に言えば、「糯米鑲鶏翅(鶏手羽先のもち米詰め)」で、まず手羽の二ヶ所の骨を取ってから、蒸したもち米とハム、香菜、干し貝柱、干しエビを炒めたものをその中に詰めて、口を閉じた後、酢とシロップをかけて乾かしてから、黄金色になるまで油で揚げます。外はパリッ、中はジューシーなその口当たりは忘れられないおいしさです。古い広東料理として今に伝わるメニューです。

Please reload

鮮果毛公鼎

毛公鼎の形を氷の彫刻で仕上げます。グランド フォルモサ リージェント タイペイの随一の氷の彫刻師であり、国際的な賞をいくつも受賞しているシェフ—郭金龍がその場で氷の毛公鼎を作り上げます。その透き通った輝き、氷とは言え落ち着いた風格を持つ鼎の中に、宝島-台湾特産の果物を盛り付けます。果物のおいしさと共にアイスケービングのショーをお楽しみください。

Please reload

多寶閣甜點集

いくつもの棚にたくさんの楽しみが納まっています。どれから食べようかと迷うほど、みんなおいしそうな点心が並んでいます。豆沙鴛鴦酥、燕窩蛋塔、驢打滾、豌豆黄、如意巻、桂花紅豆糕、窩窩頭…等、いずれも中国各地を代表するお菓子です。かわいい外観、あっさりとした甘さ、まるで皇帝の宝箱の中をのぞいたようにわくわくします。(デザートの内容は季節によって変わります)

Please reload

  • White TripAdvisor Icon

Copyright 2018 © Silks Palace. All rights reserved.